インフルエンザ予防と対策

インフルエンザは、風邪とは違います。
欧米では、インフルエンザを重症疾患として扱い、普通の風邪とは区別しています。
インフルエンザが普通の風邪と違うのは、咳や発熱、倦怠感などの症状が強く出て、しかも治りにくいところです。
筋肉痛や関節痛の症状も出ます。
突然、高熱が出ることが多いのですが、熱があまり高くならないケースもあります。

インフルエンザは、気管支炎や肺炎、中耳炎などの合併症にも注意が必要です。
高齢者の場合、免疫力が低下していることが多いため、インフルエンザにかかると肺炎や気管支炎が重症化することがあります。
インフルエンザにかかってから、くしゃみや悪寒、咳、発熱などの症状が出るまで、潜伏期間があります。症状に気づいたら、病院で診察を受け、適切な治療をすることが大事です。
また、十分な睡眠を取って体を休めることも大事です。

インフルエンザ対策では、予防が非常に重要です。
帰宅したら、必ずうがいをして、手や顔を洗い、外に出るときはマスクをして出かけた方が安心です。空気が乾燥していると、ウイルスの感染力が増すので、加湿器を利用するなどして、室内の湿度を高めにしている人も多いです。
インフルエンザにかかった場合、抗ウイルス剤を使って治療するケースが多いです。
最近は、価格が安いジェネリック医薬品も人気があります。
抗ウイルス剤を使う場合、発熱してから48時間以内に薬を投与することが大事です。
抗ウイルス剤以外にも、抗生物質などを使った治療方法があります。
高い熱が出ると、発汗のせいで脱水症状が起こることがあります。
ですから、熱が下がるまでは水分をしっかりと補給することが大事です。
脱水症状を改善するために、点滴治療を行うこともあります。