インフルエンザ時のマスクは必須!感染予防について

40度の高熱、頭痛、関節痛といった酷い症状は一般的な風邪の症状とは異なります。こうした酷い症状が出た場合にはインフルエンザの感染を疑わなければいけません。またインフルエンザに感染すると、侵入してきたウイルスを体は異物と過剰に反応し、それを排出しようと酷い咳やくしゃみ、鼻水が出るようになります。こうした鼻水、くしゃみ、咳などでは唾液が飛びます。こうした唾液の中にも沢山のインフルエンザウイルスが含まれており、他人にそれを吸い込ませ感染をさせる可能性が非常に高くなります。

マスクそのため感染者も健常者も、インフルエンザの流行シーズンには繊維の細かいマスクを装着することが大事です。マスクを装着することでくしゃみや咳での唾液の飛沫を極力抑制することができます。また健常者も、極力そうした唾液を吸い込まずに済むようになります。しかし一般的なマスクは繊維が荒く、ウイルスを簡単に通してしまうといわれています。そのため繊維の非常に細かいn95と言われるマスクを装着すると感染予防対策がより万全になると言えます。また感染予防対策として最近はインフルエンザの治療薬であるタミフルやリレンザを用いることもあります。

身の回りにインフルエンザの感染者がいる場合に、あらかじめタミフルやリレンザを服用することで感染の確率を軽減したり、万が一感染しても重症になる事を抑制してくれます。しかしタミフルなどは万全な予防薬、治療薬ではありまっせん。タミフルには薬害があることもわかっています。それは特に青少年に服用させた場合に幻覚や幻聴、徘徊などの異常行動が見られる場合があることがわかっています。こうした薬害リスクを回避したい場合は、やはりインフルエンザの予防接種を受けておき、感染対策にすることが賢明であると言えます。