タミフル服用は水分補給も忘れずに

タミフルは強毒性ウイルスにも、成分の効果はあると言われています。強毒型インフルエンザに、冬の季節に感染してしまい発症したとしても、ノイラミニダーゼ阻害薬が有効です。
真冬には気をつけていても、まわりにインフルエンザにかかった人がいると、阻止する対策をしても感染してしまいます。風邪とは違って集中してくるのは分かっていても、高い熱が出てからの数日は、体調はとても辛くなります。早く元気になりたくてインフルエンザを治すためにも、食事からの栄養摂取は大事です。でも高熱が出てしまうので、食欲はないですし、喉も猛烈に痛いので、固形物を普通と同じように食べるのは大変です。

食欲がないので無理やり食べようとしても、固形物だと逆効果になってしまいます。そのため高熱が出ているのですから、その時の体調にあわせて、効率的で効果のある栄養摂取をすることです。無理に食べようとしなくていいので、水分補給はしっかりと行います。インフルエンザにかかって高熱が出ると、数日は熱が出ています。高い熱が出るということは、体の中の水分はどんどん奪われることになります。そのため水分をとらなければ、脱水症状を起こすこともあります。失われた分の水分は、不足にならないように、こまめに飲むようにしましょう。

高熱時にはとても喉が渇きますが、体内の水分量が足りないためです。いつもならお茶やお水でしょうが、水分と適度な塩分があったほうがいいです。そのため、スポーツドリンクを飲むようにするといいです。スポーツドリンクだったら、微量の塩分と糖分が含まれていて水分補給にもなります。こうした水分補給は継続をして、少しずつ熱も下降していきますので、喉を通りやすい食べ物を口にしましょう。無理やり食べることはないので、ほんの少しでも食欲が出てきたら、ヨーグルトやプリンなんかを口にしてみてもいいでしょう。