インフルエンザの対処法!タミフルを購入しておこう

インフルエンザは毎年のように冬に大流行を繰り返しています。症状が出ていなくてもインフルエンザは感染力が強いため、学校や会社で感染してしまうことがあります。感染して病院に行く場合にも大流行しているシーズンには病院の待ち時間が長くなってしまったり、受験や仕事の都合で休むわけにはいかない人もいます。そのような時にはインフルエンザの予防と治療ができるタミフルを購入しておき、対処するようにしましょう。

タミフルはインフルエンザウイルスが増殖するのを抑制し、高熱や喉の痛みなどの症状が出るのを抑える効果があります。予防効果もあり、治療の場合には1日2回服用するところを、1日1回服用することでインフルエンザの予防効果があると言われています。他に吸入用のインフルエンザ予防と治療の薬もありますが、薬の吸入が難しいため、タミフルの方が扱いやすいという声もあります。処方してもらえるのは10日分になりますので、予防投与の場合には10日間継続して服用します。この場合、予防効果があるのはタミフルを服用している期間だけになります。受験の日など「どうしても休めない」という日まで服用することで予防効果が得られます。

タミフルの薬タミフルの予防投与は病院でもお願いできます。しかし、予防投与の場合には健康保険が利用できないため、全額自費負担となります。診察代とタミフルの代金を合わせて、予防投与のためには7000円程度の費用が掛かってしまいます。「費用が掛かるのが嫌だ」という場合には、自分が服用する場合に限り海外からの個人輸入も行えます。病院で処方されるよりも費用は安くなりますが、服用したことで副作用などが起こった場合にもすべては自己責任となってしまいます。その点をよく理解した上で個人輸入を行うようにしましょう。

喉や鼻の症状が少ないインフルエンザ治療にタミフル

タミフルはインフルエンザにかかったときに回復を早めることができるインフルエンザ治療薬であり、国内では最もシェアが広くなっています。経口で飲めることがタミフルのメリットであり、日本人にとって飲み方が最も馴染み深いことから高い人気があるのが事実です。インフルエンザにかかってしまったら少しでも早く治りたいと考えて飲む人が多くなっていますが、現状としては適正使用を進めることが主な目的となって処方箋がなければ購入することができません。

そのため、インフルエンザかもしれないという症状が出てきたら医療機関を受診して医師に診断をしてもらい、処方箋を出してもらうという手続きが必要になります。これができるようにするためにはインフルエンザの症状を知っていることが重要であり、風邪との違いを理解しておかなければならないでしょう。インフルエンザは高熱と身体中の痛みが典型的な症状として生じるものであり、消化器症状として吐き気や下痢などを経験する人も大勢います。シーズンごとに流行するインフルエンザの種類によっても生じやすい症状が違うことから情報を集めておくことも重要になるでしょう。

一方、風邪では咳やくしゃみ、鼻水や鼻づまりが問題になることが多いのが特徴です。こういった喉や鼻の症状はあまり顕著には出てこないのがインフルエンザであり、熱が高くて咳も鼻水もないという状況であればすぐにでも医療機関を受診した方が良いでしょう。速やかにタミフルを飲み始めることが回復を早めることにつながるため、症状からインフルエンザの疑惑を持ったら処方箋を手に入れるために医療機関に行くのが賢明です。もし風邪でも適切な薬を処方してもらえます。

自費治療となる予防薬としてタミフルとパンデミック

インフルエンザでくしゃみをする男の子タミフルは、日本国内では新型インフルエンザウイルスによるパンデミックに備えて国民の45%に当たる5,700万人分の備蓄目標が掲げられ、タミフル自体の使用期限を5年~7年、7年~10年と延長しながら現在では6,840万人分の備蓄が為されていますが、平成28年7月には1,677万人分の備蓄が廃棄処分となる予定になっています。

タミフルは、アメリカのギリアド・サイエンシズ社が開発したオセルタミビルリン塩酸塩を主成分とするノイラミニダーゼ阻害薬ですが、アメリカでは抗インフルエンザ治療薬としての消費量は日本の5%以下と非常に少なく、製造されるタミフルの約8割が日本に輸入されている不思議な現実もあります。現在は、手間の掛かるシキミ酸からの多段階発酵抽出では無く、手間が掛からず量産出来るコーヒー粕麹法が導入されているので製造量が大幅に増え、インドなどではジェネリック医薬品が製造販売されています。

日本国内ではインフルエンザ治療薬として承認されているタミフルは、増殖したインフルエンザウイルスが感染細胞内から飛び出す助けをするノイラミニダーゼの働きを阻害する事で増殖したインフルエンザウイルスを感染細胞内に閉じ込め、ウイルスの急激な増殖を阻害する効果を発揮します。結果的に、ウイルスが増殖にしない為に症状の悪化は無く、タミフルを継続服用する事で抗体の働きやウイルス自体の寿命が尽き、体内のウイルスが徐々に減少し完治します。又、タミフルは、感染者との接触後48時間以内に1日2回の服用を開始し、5日程度する事でインフルエンザの感染率を1.3%程度に予防する効果がありますが、予防薬としてのタミフルは保険適用外なので自費治療となります。